インスタグラム

〔動画〕巨匠小久江次郎シェフに習うⅠ 素敵すぎる!簡単・絶品フレンチ~西播磨フードセレクション&和のマリアージュ~

世界最高の料理人と言われた「アラン・シャペル」を名乗るレストランで料理長を務めた巨匠 小久江次郎シェフに、
「西播磨フードセレクション」受賞食品を使って、
おうちでできる絶品フレンチを教えてもらいました。

受賞食品の美味しさを生かした一皿は、“和”も取り入れ、
簡単なのに、奥深い味わい。

 全ての材料が揃わなくても、美味しくできます。
牡蠣の苦手な子供も喜ぶので、何度も作りました。(スタッフ談)

ぜひ、おうちフレンチをお楽しみください!

動画〕蒸し牡蠣「珠せいろ」のソテー サラダ仕立て ひまわりのドレッシングとバジルソース

料理教室参加者からも大好評!小久江シェフの素敵すぎるお人柄、食材の生かし方など、少しでもお伝えしたくて、動画を製作しました。

山椒こうじでマリネしたポークのポアレ~唐辛子入りゆずみそを添えて~はこちら

蒸し牡蠣「珠せいろ」のソテー サラダ仕立て  ひまわりのドレッシングとバジルソース

レシピダウンロード

材料 (4人分)   *:西播磨フードセレクション受賞食品 (食品名をクリックすると、紹介と購入場所へ移動します) 受賞食品一覧ページはこちら  購入店一覧のページはこちら

*  蒸し牡蠣「珠せいろ」   20個
* mitsu MORNING CARROT (にんじんジュース) 100cc
*  播州一献大吟醸     大さじ2
* 播州室津牡蠣しょうゆ  大さじ1
* 濃厚バジルソース    大さじ2
* ひまわりのドレッシング  50cc
* 相生かきせんべい     2枚
ベビーリーフ         約40枚
サラダミニほうれんそう    約24枚
パスレまたはパセリ      1枝
チャービル          2枝 (ハーブ類はなくてもOK)
あさつき           4本
ベーコン           1枚
マヨネーズ          大さじ1
EXバージンオリーブオイル   大さじ2 (フルーティーなものがおすすめ)
無塩バター           15g
塩               適量 (細かい天然塩がおすすめ)
こしょう(白・粗挽き)     少量

作り方

① サラダ類、ハーブ類は、きれいに水洗いして、水気をしっかり切っておく。

② にんじんジュースは、とろ火でたまにかき混ぜながら煮詰め、とろりとなったら冷ましてマヨネーズと合わせる(にんじんソース)

③ ベーコンは、5mm位にカットして軽く炒めておく。

④ オリーブオイルとバターをフライパンで少し熱し、蒸し牡蠣を冷凍のまま加え、中火で炒める。

 ★ポイント★ 
バターだけで炒めると焦げやすいため、オリーブオイルも使い、美味しくヘルシーに仕上げます。

蓋はせず、揺すったり途中で牡蛎を返したりする。

牡蠣を返したら、お酒をふりかける。

芯まで温まる位(押して確認)で火を止め、牡蠣しょうゆを加える。

温めたお皿に牡蠣を引き上げ、残りの煮汁にドレッシングを少し加え、塩こしょう(白)で味を調える。

(冷めないよう温かいところに置く)

牡蠣に含まれている塩味により、味が濃くなった場合は、チキンブイヨンや昆布だしを足す。

★ポイント★ 
魚介には白こしょうが合います。

⑤サラダ類をボウルに入れ、ひまわりのドレッシングでサッと和える (盛付ける直前に)

ひまわりのドレッシングは、 まろやかで 色々な素材にマッチします。 魚介にもぴったり。
ない場合は、 しょうゆ・ビネガー・ オリーブ油(ひまわり油)・ ごま油ほんの数滴・ 塩こしょう でドレッシングを作るとよいでしょう

⑥お皿に、牡蠣をのせ、バジルソース、にんじんソースを美しくトッピング。



サラダ類、ベーコンを盛りつけ、煮汁のソースをスプーンで少しずつかける。

旨みが濃縮した煮汁で、サラダが美味しくなり、何度もおかわりしたくなります。おうちならたくさん食べられますね!

★ポイント★
  牡蠣とベーコンは相性が良く、フランス料理で一緒に料理することが多いです。

⑦砕いた相生かきせんべい、ハーブをあしらう。

■講師 小久江 次郎 氏

       
世界最高の料理人と言われるアラン・シャペルを名乗る唯一のレストラン(神戸ポートピアホテル最上階)で料理長を20数年つとめ、2011年、ラ ジュネス代官山(動画へリンク) 総料理長に就任。
2018年、「芦屋・次郎 」をオープン、連日予約で満席。

「芦屋・次郎」ある日の前菜


 料理界では数々の受賞歴を持ち、TVにも多数出演。2006年「神戸マイスター」認定。
 各地のさまざまな食材の生産者に感謝し、その旨みを最大限に活かした料理をと常に挑み続けている。1947年生まれ。
 小久江シェフには2012~2017年に西播磨フードセレクション審査委員として美味しい食品を選定いただきました。
 このたび、地域食材・人・料理を大切にするシェフのご厚意により、 受賞食品の美味しさを生かした料理教室を開催することができました。

フレンチの巨匠おすすめの西播磨フードセレクション受賞食品を使った、簡単絶品フレンチのミニ・レッスン(2020年2月実施)。募集ページはこちらでした

お問い合わせ
トップに戻る