インスタグラム

ゆずゼリー

2015年度 金賞   小河ゆず栽培組合 加工部 (相生市)

めっちゃ、ゆず! 生産者ならではの手作りゼリー

ゆずのさわやかな香り、ほどよい酸味で甘さは控えめ。
洋酒のホワイトキュラソーがほんのり、一般的な和風のゆずゼリーにない、お洒落な余韻が楽しめ、何度でも食べたくなります。

ナチュラルな癒やし、おもてなしに

香料や着色料は使わず、ゆず本来のナチュラルな色香です。
ゆずの香りには癒し効果があるといわれる成分が含まれているせいか、その香りでリラックスできそうな、やさしい爽やかさです。

ゆずゼリーで、フルーツが簡単に、ひんやりお洒落スイーツに変身♪

冷やして、そのままはもちろん、ブドウなど季節のフルーツと一緒にグラスに盛ると、見た目も涼やかでインスタ映えも間違いなし!

お洒落な風味ですので、豪華なお皿でも見た目負けしません!

凍らせて◎!食べやすいパック

「手軽に食べてほしい」と、容器は子どもも食べやすいスタンドパックを使用し、 サイズも食べきれる量にしました。

パックごと冷凍して半解凍でいただくと、シャーベット状のシャリッとした食感とチュルンとした食感のミックス感が楽しめます。
ゆずの爽やかさと冷たさが、暑い夏の日には何ともうれしく、“生き返るぅ~!”と口に出してしまいそう。

「小河ゆず栽培組合加工部」イメージキャラクター「ougo(おうご)ちゃん」 のラベル

夏らしい色のラベルに、「ougoちゃん」の愛らしいデザインも、癒しのスイーツにはぴったり。
子どもにも食べやすいことがわかるうえに、ちょっとお洒落で、雑誌などでも取り上げられるほどの人気です。

コストより母の愛で、果汁たっぷり

「本物の、搾りたての美味しさを楽しんでほしい」という思いで、コストより品質重視で果汁をたっぷり使用しているのが、人気の秘密だそうです。

小河の完熟ゆずの香りと味には、どこか甘みも感じられます

完熟したゆずを手搾りし、冷凍保存。香りを逃さないよう加熱や果汁を入れるタイミングなどを工夫しています。
チュルンとした食感は、寒天をベースにしたアガーで固めているからです。

安心のため、農薬は極力使わず

昔から、どの家でもゆずを育てていた小河地域で、 “ゆずを特産品にしよう!”と「小河ゆず栽培組合」を結成し、 20年以上前から 植樹してきたゆずを、 極力農薬を使わずに 育てています。皮ごと、安心して使えるためのこだわりです。

小河ゆず栽培組合の加工部。女性だけで和気藹々の活動が地域の元気に

加工部は数々の品を産み出す中で、夏に喜ばれるものをと、のどごしの良いゼリーを考案したところ、大人気商品となりました。
利益は出ませんが、小河のゆずの美味しさを知ってもらおうと、地元や市内外の食イベントに積極的に参加しています。

製造者名
(販売者名)
小河ゆず栽培組合 加工部
住所〒 678-0092
兵庫県相生市矢野町小河364-1
TEL080-1485-5291
販売場所道の駅あいおい白龍城、JA兵庫西旬彩蔵(上郡、たつの、書写、赤穂、飾磨)、ホテル万葉岬、カワベ、 湊水産(株)、和ダイニングまねき、バスの八百屋、神戸阪急内ひょうごふるさと館(三宮)、ふるさと特産館好きやde西播磨、等

販売場所MAP

トップに戻る