インスタグラム

まるおファームのいちごプリン

2017年度 特別賞  まるおファーム (赤穂市)

農家の完熟イチゴたっぷり! とろけるプリン

果実感たっぷりの苺のコンフィチュールと、とろけるような舌触りの苺ミルクのプリン、その絶妙なバランス。

美味しい苺のために努力を惜しまない農家と、その完熟苺の良さを生かしたいと情熱あふれるパティシエが、想いを重ねて生み出したスイーツの傑作。
一口食べるだけで、うっとり幸せな気持ちになり、 新鮮なイチゴの爽やかさや香りが、口いっぱいに広がり、春を告げてくれます。

摘みたて苺の、美しいコンフィチュール

大粒で濃厚な、まるおファームの苺「紅ほっぺ」のコンフィチュール

摘みたての苺の香りや、苺本来の甘さや酸味を生かしきりた いと考えたパティシエの石野さんは、試作を重ねた末、火を入れ過ぎず絶妙な炊き加減のコンフィチュールを生みだしました。
生クリームをふんだんに使い、とろける舌触りと濃厚な苺ミルクの風味がたまらないプリンも、極めに極めました。
そして、2つの風味のバランスにもこだわり、丁寧に、美しく瓶詰め。

ぜひ、うちの苺でプリンを

このプリンの誕生は、苺を栽培する丸尾さんが、近隣の人気ケーキ店「パティスリーノア」のSNSで、苺を使ったプリンの画像を見たのがきっかけ。
丹精込めて、大きくて美味しい苺を育てる中、どうしても、形や大きさが気になるものもできます。「味はとても美味しいから、プリンならきっと」と思い立ち、「ぜひ、うちの苺でプリンを作ってほしい」とパティシエの石野さんにお願いしたのです。

小さくても味はピカイチの完熟苺

毎日5㎏もの苺を 納得いくまで

新スイーツ開発のためには、石野さんの納得いくものができるまで、なんと、 毎日5㎏もの苺を 丸尾さんが 提供。

「完熟苺の美味しさを、もっと生かしたい」と熱い想いの農家丸尾さんと、情熱のパティシエ石野さん。二人が、ご近所で密に商品開発できたからこそ、生み出せたプリンなのです。

初めての苺栽培、苦労の連続

「甘みが乗っている」一押しの「紅ほっぺ」を軸に、「あきひめ」「さちのか」の3種を栽培

実は丸尾さんは、非農家出身の新規就農者です。
赤穂市には苺農家があまりいないこと、観光農園で喜んでもらえることを考え、苺の栽培を始めました。
ところが、苺は病気だけでなく、ルーペで見ないと気づかないほど微少な虫も発生しやすく、最初は苦労の連続でした。

生育に合わせ手をかけた、大きくて濃厚な苺

そこで、風通しが良くなるよう古い葉や脇芽を取ったり、大きな苺が実るよう、多すぎる花や実を摘んだり、努力を重ねていきました。

苺に合わせて、きっちり手入れをしています

苺の生育に合わせ、きっちり世話をすることで、大きくて濃厚な風味の苺ができるようになりましたが、 地道で大変手間がかかります。そこで、 一般的ないちご園より多めのパートさんに来てもらっています。

自然の力を味方に。お日様の恵みの苺

また、 葉を傷める小さな虫が発生しやすいのですが、農薬はできるだけ使いたくないため、天敵を導入して、害虫をおさえるようにしました。
このように、 できる限り生育に良い環境づくりに心を尽くす努力と、 甘い苺に欠かせない 日照時間の長い赤穂の気候によって、まるおファームの完熟苺は人気を博し、今では栽培ハウスを増やすほどです。

元高校教師の丸尾さん。目を引くロゴマークは、なんと教え子のデザイン

赤穂の苺スイーツ、続々と

苺に愛情と情熱を注ぐ丸尾さんと、パティシエ石野さんの「苺タッグ」は、苺大福や苺のジェラードにも発展。赤穂の苺はスイーツ好きには見逃せない名産品として 話題になっています。

いちご狩りを楽しんでもらう工夫もいっぱい。苺と一緒にソフトクリームも食べられます。

製造者名
(販売者名)
苺:まるおファーム
住所〒678-0232
兵庫県赤穂市中広1830-2
TEL0791-43-2031
販売場所パティスリーノア(赤穂市惣門町55-13 TEL:0791-43-2031) ※苺の旬(冬〜春)の時期のみ販売
HPhttps://www.noe-cake.com/maruo

販売場所MAP

トップに戻る